そろそろNGSが始まるのでPSO2の歴史を振り返る EP5編

EP1編

EP2編

EP3編

EP4編

個人的に印象に残っている事件のみ抜粋。ネ実民だったのでネ実ネタ多め。野良の視点で書いているのでご理解をお願いいたします。

ヒーロー爆誕

f:id:esse245:20210111014222j:plain
EP5の配信が始まる。それに伴い上級クラス、ヒーローが実装。

実装直後はその良好な操作性と機動力におーいいねという声もあったが、ユーザー達がHrのレベリングが終わりHrの操作に慣れ始める頃にはこれ強すぎじゃね?」「Hr以外いらなくね?」といった声が出てくるようになる。

事実、「火力」「射程」「機動力」の全てを高いレベルで兼ね備えたHrは完全無欠のスーパークラスであり、特に機動力に関しては他のクラスでは全く太刀打ちできず、下位クラスではHrのゲームスピードに付いていけない事態となった。

一応、オートメイトが使えず被弾に弱いという弱点はあったが、ガードポイントを搭載するPAやレスタも使えたのでさほど問題とはなっていなかった。

TMGPA「ブランニュースター」しか使用しないプレイヤー、通称ブランニューガイジも話題となった。

 

マロンストライクの弱体化を致します。

f:id:esse245:20210111003428j:plain
EP5が開始と同時に大規模なバランス調整を実施。このバランス調整もアップデートの目玉と運営は言っていた。

EP4で猛威を振るったマロンストライクが大幅な弱体化。主力であった2段階膨張の威力を半減。また3段階膨張に必要なヒット数を6回から9回に下方修正された。更にSuのお供であったチェインフィニッシュもメインクラス専用となり封印。必殺技を奪われたSuは苦しい思いをする事になる。そしてなぜかメロンが申し訳程度に強化。一瞬話題になったが大して使えない事がすぐ判明し消える。

またEP4では比較的人気があったブレイバーも下方修正のターゲットにされる。内容はバニッシュアロウの累積ダメージを半減、消費PPを2.5倍にするというもの。この調整により事実上弓Brは死亡した。ついでに巻き添えでヴォルグラプターも同様の下方修正を受けた。は?(筆者はHu愛用者でした)

同時実装のHrが異常な強さを発揮しているにもかかわらず、下位クラスにここまでの仕打ちが必要なのか疑問の声が多かったが、濱崎氏は「ご理解をお願いします」の一言で片づけた。

 

バスタークエス

f:id:esse245:20210111005908j:plain

事前にEP5のメインコンテンツになると告知されていた新コンテンツ。2年間アップデートを続けると言い放ち自信満々であった。

しかし内容は単なる防衛の焼き直し。塔を守る以外にもバスターフェーズというのもあるが、こちらも単にバスターパイルを守るだけでやる事は同じであるバスタークエストはマップが広く、新エネミーにもそれぞれ打射法耐性が用意されていた。この2つの仕様も高機動力かつ打射法の3つを使い分け可能なHrの接待とも言える内容であり、Hrオンラインを加速させる事になる。

バスタークエストにはメインマッチとフリーマッチの2つに分かれており、メインマッチには回数制限が設けられた。メインマッチの回数を回復するにはフリーマッチでクリアする必要があったのだが、フリーマッチには全く旨味が無くただの作業であった。そもそもメインマッチの回数制限もどういう意図で実装されたのかハッキリせず、ユーザーから不満の声が出ていた。

またバスタークエストと同時に複数ブロックマッチングが実装。複数ブロックマッチング自体は望まれていたものだが、バスタークエストは強制的に複数ブロックマッチングという仕様だった。このマッチングも完成度が高いと言えず、満員の部屋にマッチングしてマッチング失敗になる事が多く、フラストレーションが溜まるものとなっていた。

 

中世ファンタジー

f:id:esse245:20210111012406j:plain

新ストーリーのオメガ編も開始。中世ファンタジーの世界を舞台とした。

いくら何でもEP4より酷いストーリーはないだろうと言われていたが、蓋を開けてみれば同レベルでありネ実民は頭を抱えた。一応、ストーリーを対話形式にする、状況解説の図面を加えるなどの要素はあったが、肝心の中身が中身なのであまり意味はなかった。またしてもシナリオライターの宇野涼平氏にヘイトが向くが、そもそも中世という題材に無理がありすぎるのではと宇野氏に同情する声も申し訳程度にはあった。

 

散れ、非英雄

f:id:esse245:20210111014329j:plain

f:id:esse245:20210111014316j:plain

加速するHr増加、バスタークエストのHr接待、下位クラスの大幅な調整。(EP5開始時点で上方修正が入ったクラスもあったが、その程度ではHrオンラインには対応できなかった。)これらの要素が組み合わさりロビーはHr一色となる。クエストにもHrじゃないと付いていけない、Hr以外出すと足手まといといった状況になり、下位クラスを愛用していたプレイヤーは萎えて次々と引退。かつてない大規模な人離れを引き起こした。

これはまずいと思ったのか運営は2ヶ月ほど後に下位クラスのバランス調整を発表したが、手遅れであり、居なくなったユーザー達が戻ってくる事はなかった。様々な要因が重なり大幅に減少した同時接続は、EP5終了まで足を引っ張る事となる。

EP5のキャッチフレーズは集え、英雄だったが、Hr一強の現状をもじって散れ、非英雄と皮肉られた。

この現状を生み出した濱崎氏は、PSO2を破壊した男」「破壊神」などの不名誉な称号が与えられた。(現在では濱ちゃんだけでなく酒井やら含めて全部が悪かったよねというポジティブな意見も頂いております。)

 

スカルラッシュ

f:id:esse245:20210111022535j:plain

メインコンテンツを謳い実装されたバスタークエストだが、その単調な内容も人離れの原因の一つであった。

そこで運営はバスタークエストの期間限定イベントを行う事を発表。その名も「スカルラッシュ」。内容はエネミーがスカル系だらけになるだけという物。は?

当然ユーザー達は「なんだこれ」と困惑。全く変わり映えしないバスタークエストに最早期待する者は誰も居なかった。

 

アドバンス白ノ領域

f:id:esse245:20210111022923j:plain

約3年ぶりのアドバンスクエスト追加として特務先遣調査:白ノ領域が実装。そう…(無関心)

旨味も何もなく当然行く意味は不明。

記事の文章が段々適当になってきていますがEP5自体も適当な内容だったのでご理解をお願いします。

 

PSO2クラウド発表

f:id:esse245:20210111023410j:plain

スイッチ版PSO2としてPSO2クラウドが発表。うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

サービスが開始されたのは発表後からかなり先になるが、サービスイン時はラグが酷すぎてまともにプレイできないと話題になる。またPS4ユーザーとスイッチ版ユーザーではチャットが出来ない事が発表されるが、この際に使用された「何かを発言している」というワードが流行し運営語録入りした。

 

かっこいいだろおおおおおおおおおおおおお

f:id:esse245:20210111024647j:plain

「なんだなんだ~~~~?」「どういう事???」

「何も言わん!!!!」

「かっこいいだろおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」

「かっこいいだろおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」

www.nicovideo.jp

 

ダークブラスト

f:id:esse245:20210111025940j:plain

ダークブラストが実装される。かつてのダークファルス達の力を借り、変身してパワーアップするというもの。前述の酒井氏に雄たけびと共に発表された。

その見た目に賛否両論どころかほぼ否定的な意見しか出てこなかった。自キャラを愛するユーザーが多いPSO2民には到底受け入れられる物ではなく、ダークブラスト回避勢という意地でもダークブラストのシステムを使用しない勢力も生まれ、(気持ちはわかる。)ダークブラストを受け入れる事を受胎と比喩された。

更に今後3種類のダークブラストが増える事も判明。「酒井の趣味でしかない。」「完全に予算の無駄。」とぶっ叩かれた。

ストーリーには主人公の意識の中に宿ったダークファルス達と会話する演出が追加される。こちらも「いやーキツいっす(素)」となるユーザーが多く出た。

 

ゴキブリ

f:id:esse245:20210111031418j:plain

ダークブラスト実装後、PSO2マルチのプレイヤーが一斉にダークブラスト化する光景が見られるようになる。その瞬間のSSをグーグル画像検索にかけたところ、推測結果:ゴキブリと表示されるのが話題となった。

これ以降ダークブラストはゴキブリ、ゴキブラなどと呼ばれるようになる。後に実装されるルーサーフォームはその見た目からなどと比喩された。

 

ポジティブな意見

f:id:esse245:20210111033448j:plain

酒井氏が公式ブログで放った一言。ユーザー間ではダークブラストの批判が多く、おそらく運営にも相当な数のメールが送られていたはずなのだが、酒井氏はこれについて「ダークブラスト」については、様々な意見をいただいていますが、楽しいというポジティブな意見もいただいております。と発表。ほんとぉ~?

この酒井氏の前向きな姿勢は話題を呼び運営語録入り。例え肯定1否定9でもポジティブな意見なのである。

 

クエントオオトカゲ

f:id:esse245:20210111031819j:plain

EP5初のレイドボス、エリュトロンドラゴンが実装。

前哨戦で砲台を使ってエリュトロンドラゴンが放つ火球を撃ち落とすフェーズがあるのだが、これが非常につまらないと大不評。メセタンシューターの方がマシと言われた。

本戦では直接対決。図体に似合わず軽快な動きであちらこちらへ移動を繰り返すクソムーブを行う為、射程や機動力のないクラスはまともに攻撃が出来なかった。ここでもHr接待が目立つ。また、緊急専用武器のラコニウムソードを使用し、弱点部位を攻撃する事でダメージが通りやすくなるギミックがあるのだが、エリュトロンドラゴンのクソムーブも合わさりなかなか弱点を攻撃できないユーザーが多く、マルチにギスギスを生む原因になった。

EP5初のレイドボスの評判は完全にクソレイド扱いであり、クソトカゲだのクエントオオトカゲだの呼ばれた。(報酬は良かったというポジティブな意見も頂いております。)

後に4人PTで行う再戦版も実装される(通称:黒トカゲ)。いつぞやの再戦デウスと同じく連帯責任仕様で3回床ペロで強制的にクエスト失敗。当然荒れた。(後に緩和され、連帯責任仕様は廃止された。)

 

エキスパ出荷

f:id:esse245:20210111035156j:plain

エキスパート条件に変更が加えられ、極限訓練:地球と幻創のクリアでもOKとなった。しかしこの極限訓練:地球と幻創はPTを組める為、本人に能力が無くても他の面子が強ければエキスパ条件が達成出来るようになる。(エキスパートとは一体…)

これによりエキスパート条件を達成した者はエキスパ出荷民などと言われた。

 

アドバンス黒の領域

f:id:esse245:20210111035610j:plain

特務先遣調査:白ノ領域が実装。そう…(無関心)

白の領域アドバンスもそうだったが、あまりに内容が薄かったコンテンツだったのでかえって印象が強く残っている。

 

オメガルーサー

f:id:esse245:20210112175043j:plain

緊急クエスト、異界に紡がれし知の化身の実装が発表される。インタビューでルーサーの数値を変えただけの使いまわしである事が堂々と告知される。

予告どおり、中身は色と数値を変えた使いまわしであった。(一応、申し訳程度の新挙動追加、部位破壊に必要な状態異常はミラージュからポイズンに変わる等の変更はある)新ボイスの「無駄だ、根本的に作りが違う」というボイスがネタになる。

この頃から「Hrショックで予算を減らされてロクなコンテンツが作れないのでは」「夜逃げ準備だろ」などと言われ始める。

 

エンドレスクエス

f:id:esse245:20210116082040j:plain

エンドレスクエスト、無限連戦:追憶の彼方へが実装される。

当初はエンドレスの名の通り、一種の耐久コンテンツ的なものを期待されていたが蓋を開けてみれば実質的にタイムアタックコンテンツであり、「思ってたのと違う」となったユーザーが多かった。「背後から倒せ」「弱点部位を攻撃して倒せ」などのオーダーも不評であり、大した旨味も無いことから一部の暇人廃人以外は全く目を向けないコンテンツとなる。

長期戦を強いられるにもかかわらず途中離脱不可(破棄したら当然やり直し)、マガツを背後から倒せなどのクソオーダー(後に修正)など根本的に欠陥が多く、人気が出ないのは当然であった。

また称号「エンドレスロナー」も実装される。条件はエンドレスクエストを1周する事。英雄煽り(EP4編参照)の時の様にロナー煽りが流行すると思われたが、そもそもエンドレスクエスト自体一部の廃人以外誰もやっていないという状況だった為、ロナー煽りは英雄煽りほど盛り上がる事はなかった。

 

イドラ

f:id:esse245:20210116081914j:plain

「ファンタシースター30周年記念作品」イドラ ファンタシースターサーガが発表。内容はソーシャルゲームせっかくの30周年記念作品がソシャゲ?と落胆する者が多かった。

その内容もFGOどこかで見たことがあるような物であり、当初から全く期待されていなかった。サービスイン直後は好調だったものの、現在ではアップデート頻度も落ち、売り上げも悲惨な状態であり、サ終間近と言われている。30周年記念とは何だったのか。

ちなみにイドラもesと同じく、PSO2の生放送でアップデート情報を公開する枠になる。興味のないPSO2ユーザーからは時間の無駄と疎まれ続ける事になる。

 

女王

f:id:esse245:20210116081831p:plain

新緊急クエスト、地底を染めし女王の悪夢が実装される。前半は自走式フォトン粒子砲を守りながら最深部を目指し、後半ではダークブラスト、ルーサーフォームでアプレンティスと対決する物。

前半フェーズは久しぶりの新マップ、良質なBGMもありEP5のコンテンツとしては珍しく好評であった。実装当初の野良は自走式フォトン粒子砲が破壊されるなど多少荒れたものの、すぐにそういった事は無くなった。

後半戦では強制的にダークブラストを使用しての戦闘になる。ダークブラストの項で紹介したダークブラスト回避勢は悲鳴を上げた。ルーサーフォームを使った戦闘自体はそこまで大きな批判はされなかったものの、やはり生身のキャラクターの育成状況や武器が反映されないのは面白くないと言われ、すぐに飽きられる事となる。

トドメ演出にアニメをオマージュしたカットインが入るのだが、そこで目立つキャラクリをしてカットインに映り込む遊びがユーザー間で流行る。そこだけがこの緊急の唯一の楽しみと言われていた。

 

CEDEC2018

f:id:esse245:20210116080020j:plain

国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス、CEDEC2018にあの酒井智史氏が出演する事が判明。普段からコメントで失言が多い彼が出演するということで、ユーザー達はどんな失言が飛び出すのかと大いに期待した。

失言王は期待を裏切らず、

・もん・・・文句というか意見(ユーザーの意見をうっかり文句と言ってしまう)

・ネットの意見は病むのでオフイベに来た人の意見を重視しているネトゲなのに)

・国の運営に近い(建国宣言)

など多数の問題発言が飛び出し、案の定大炎上。ニコニコでもこの発言を取り上げた動画がランキング1位になるなど、PSO2界隈だけではなく多数の方面に広まる事となった。(詳細はCEDEC 酒井などで検索してください。)

後に酒井氏はこの件について謝罪し、それ以降表舞台に出てこなくなってしまう。

またこの事件を機にPSO2の事を国2、PSO2民の事を王国民、酒井氏の事を国王と呼ぶ風潮が生まれ大流行した。この風潮は現在でも続いている。

 

成功率100%で失敗

f:id:esse245:20210116081640p:plain

ある時期に特殊能力「錬成の導き」を使用した特殊能力追加を行うと、成功率が100%でも能力追加失敗する不具合が発生。は?

普段から確率詐欺を行っていたのでは?と疑われる事になり当然大荒れ。運営は緊急メンテナンスを行うものの、緊急メンテ後即緊急メンテを繰り返しユーザー達を呆れさせた。

また運営は補填としてアイテム能力追加成功率+100%を発表。しかしこれはゲームバランスを崩壊させるレベルのものであり、「本当に配布するの?」ユーザー達は困惑する。

後に能力追加成功率+100%の配布はやめる事を発表し、別のアイテムで補填する事を発表。最終的に騒動は鎮火したものの、あまりのグダグダっぷりに運営の杜撰な体制が露呈する結果となった。

 

輪舞

f:id:esse245:20210116082213j:plain

無限連戦:永遠の輪舞が配信。エンドレスクエスト第2弾。

前回のエンドレスクエストも非常に不評だった為、もはや誰も期待していなかった。内容も案の定といったものであり、実質的なハズレマップで時間を浪費させるだの被弾するだけでタイムロスだの怒涛の嫌がらせの連続である。EP5最終アップデートで実装されたのは、濱崎氏の置き土産というの名の粗大ゴミであった。

後に発表されたアンケートでは、無限連戦:永遠の輪舞について「分からない、やっていない」が41%、「悪い、非常に悪い」が23%。「やっていないor悪い」と答えたユーザーが6割を超える結果となる。

新称号「エターナルロナー」も実装される。その難易度の高さに当面の間所得者は現れなかった。また、後にツイッターPSO2民達がこの称号に纏わる珍発言を行うようになっていくが、それはまた別のお話。

 

濱崎涙の引退会見

f:id:esse245:20210116083321j:plain

濱崎氏のD引退が発表。

濱崎氏本人としては色々とこみあげてくるものがあったのか、涙を浮かべながらの引退発表となったが、EP5で約2年間かけてPSO2に大破壊をもたらした彼の引退を惜しむ者は誰もおらず、ネ実では「死ね」だの「さっさと消えろ」だの罵倒が飛び交った。悲しいなぁ…

何もかも破壊され不毛の大地と化したPSO2に、明るい未来は訪れるのだろうか。

 

EP6編は未定